患者さんへ

診療実績

2004年は緊急手術も含めて4500例程度であった麻酔科管理症例数が、以降は年々増加傾向にあり、2016年には合計約7500例に達し、今後もさらなる増加が予想されます。
周術期管理医学の根幹をなす麻酔科医の役割はより重要なものとなっており、高齢者や重篤な合併症を有する患者の手術症例数増加に伴って、麻酔科専門医の需要はさらに高まっていくものと考えられます。

年度 手術総数 麻酔科管理症例
2010年度 8593 6080
2011年度 8774 6352
2012年度 7349 6633
2013年度 9410 7005
2014年度 9342 7091
2015年度 9509 7133
2016年度 9979 7585
2017年度 10584 7982
2018年度 10938 8889

症例数の推移

患者さんへ
ペインクリニック
周術期センター
診療実績
ペインクリニックPAIN CLINIC