研修医の方へ

先輩メッセージ

2009年(平成21年)入局

崎村 正太郎

SHOTARO SAKIMURA

MESSAGE

2009年度入局の﨑村正太郎と申します。
学生の頃から特に呼吸・循環における生理学、薬理学に興味があり、また初期臨床研修において様々な診療科で研修した際に、急性期医療である麻酔科が自分に最も合っていると思い麻酔科を選びました。
九州大学病院麻酔科蘇生科に入局した理由は、九州大学病院は手術室が20室あり、年間約1万件の手術が行われ、しかも移植医療を含め様々な症例を経験することができるからです。またスタッフを含め麻酔科医が充実し、多様な症例・併存疾患の麻酔管理を充実した指導環境のもとで経験できるというところが、麻酔科医としてスキルアップしたいという自分の思いと合致したので入局を決めました。
もし興味がある人がいれば、ぜひ一度見学に来て自分の視点で直接見てみてください。いつか一緒に働ける日を楽しみにしています。

2009年(平成21年)入局

福徳 花菜

KANA FUKUTOKU

MESSAGE

私には3歳のやんちゃな一人娘がおります。妊娠中から医局内の先生方にご配慮いただき、子育てと仕事の二本立てで頑張っています。両立できているかどうかの判断は難しいところでありますが、とりあえず私も娘も楽しく幸せに毎日を過ごしています。麻酔科は女性医師が多く、ママさん麻酔科医もたくさんいます。各々の働き方に柔軟に対応していただいており、本当に感謝しています。娘が生まれる前は『麻酔ほど面白い仕事はない!』と思っていましたが、子育ても麻酔と同じ…いや…それ以上に面白いものです!!現在は2017年4月よりがんセンター緩和ケアチームの一員となり、外来や病棟の患者さんの痛みや呼吸苦など様々な症状を緩和できるようにお手伝いしています。母親となった経験、実父を亡くした経験を生かし、病気と闘う患者さんも、自分らしい生き方ができるよう寄り添える医師を目指して修行中です。

平成27年度入局

渡邊 雅嗣

MASATUGU WATANABE

平成27年度入局

犬塚 愛美

MANAMI INUTUKA

MESSAGE

私が麻酔科に興味を持ったのは、とある漫画の麻酔科医が目立ちはしないが格好良く見えたという変わった理由からでした。実際に体験して、麻酔中は刻一刻と変化する病態に対応を求められますが、工夫しながら全身管理を行い、無事に患者さんが病棟に戻られるのを見て、自分も携わりたいと思い入局を決めました。様々な症例を体験しますが、着実にステップアップできるはずです。いつか皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

渡邊 雅嗣

私は学生の頃から、患者さんのバイタルをみて何が起きているのかを考え、それに対応するとすぐにフィードバックがある、というところに麻酔科っておもしろいなと感じていました。入局後は大学病院や関連病院で、症例には不自由せず、学会発表を含め色々な経験をさせてもらっています。きつい事もありますが、頼りになる先輩、ふりむけばそこにいる同期、かわいいかわいい後輩にも恵まれ、あーでもないこーでもないと言い合いながら、日々をすごしています。

犬塚 愛美

研修医の方へ
当教室の特徴
研修について
研修プログラム
先輩メッセージ
関連施設
ペインクリニックPAIN CLINIC